はしちゃんの写真機材:Nikomat FTn


Nikomat FTnは、Nikon F2に比べるととてもシンプルな感じがするカメラです。昭和42年発表だから、発表時は、はしちゃんは、2歳です。

たぶん、これが発表されたときは、ぼくの父親が広告の載った新聞とにらめっこしていたでしょう。(昔の日本人は、海外旅行には、みんな、一眼レフを胸に下げていたといわれるくらいカメラ好きだったみたいですから・・・)

シャッタースピードがレンズマウントに一緒にあるので、オリンパスのOMシリーズに比較的似た印象があります。FTnもF2フォトミックと同じで、AI(Automatic Maximum Aperture Indexing (開放 F 値自動補正))方式ではなくて半自動開放 F 値設定機構、通称「ガチャガチャ」と絞りリングのカニ爪にレバーを引っ掛けて開放測光を実現しています。

シャッターが縦走りというところがFM2の4000分の1秒を実現した基盤になっているのかも・・・

このFTnは、マイクロマット(J スクリーン)で、巻き上げレバーはプラスチックの指当てのない、F2発表前のタイプです。

これのあと、スプリットマットのAタイプスクリーンが流行っていったみたいです。

一番良いところは、絞込みボタンが多くのカメラはレンズマウントの脇など使いづらい場所にあるのに比べて、シャッターボタンの近くにあって押しやすいです。

軍艦部が、とってもシンプル(ファインダの右側には、シャッタと絞込みの二つのボタン、あとは、巻き上げレバーと撮影枚数表示。ついでに、ファインダの左側はまき戻しレバーのみ・あれ~とおもうでしょ。実はフィルムのASA/ISO感度もシャッタースピードと同じくレンズマウント部にあったりします。)なのがさびしいくらいです。

フィルム交換のための裏カバーを開けるには、X接点などがある後ろから見て左側、その下のスライドを下にずらす感じです。(ついつい、他のカメラのように巻き戻しレバーを上に引っ張りあげて・・あれ~開かな~い!ってしてしまいます。)

ちなみに、ついているレンズはNIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4 です。

NIKKORのAutoシリーズのレンズは、レンズキャップやフードなど、本当に手間をかけて造った感じがします。

Nikonのニコマートのシリーズでは、次に電池交換をミラーアップして行うNikomat ELを発表して、Auto(カニ爪)タイプのレンズで絞り優先AEを実現しています。この電池交換は何度やってもドキドキします。

そのうち紹介しますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です