「めじろ(目白)」の撮影にさらにがんばる。

どうも「メジロ(目白)」は、10-20羽ぐらいでチームを組んであちこちをぐるぐる回っているのか。1-2時間じっとしていると2~3回は「ざわざわ・・」とみんなでやってきて5分ぐらいでみんなで去って行ってしまう。。

いい撮影場所(順光で、目線が同じくらいで、5-8mぐらいまで近づけそうな場所)を探してじっと我慢していることが、鳥の撮影の基本のようです。

でも、そんな良い撮影場所あるかなあ~電柱に登ったら怒られそうだし

いま、キャノンのニューF1にコダックのスーパーゴールドISO400とトキナー400mmのレンズで開放(F5.6)からF8で500分の1秒が撮影条件です。

三脚とISO100のフィルム使って粒子の目立たない写真撮りたいけど、小さい鳥は動きが俊敏だから250分の1秒以下だとシャッター切るタイミングが小鳥さんが偶然、静止時以外は被写体ブレで使えない気がする。

単純計算で、フィルムを400から100に代えるとシャッタースピードは直射日光が被写体にあたって明るいときで250分の1秒、ちょっと曇って暗くなったら125~60分の1秒になってしまう~。

このあたりがまだ決断つかない~ISO100のフィルムを一本失敗覚悟で三脚立てて来週はがんばってみようか~

三脚立てると、根本的にファインダに鳥さん捕らえられるだろうか・・・この辺が経験なんだろうなあ~鳥が停まりそうなところ(メジロだとついばみに来る柿が結構決まっているようなので可能かも)で待ち受ける!

メジロ以外ではどうだろう。できるか?

悩みは尽きない「はしちゃん」であった。蝶さんをマクロで追いかけるほうが断然楽なのでした~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です