はしちゃんの写真機材:FUJICA ST801

フジカ(現在のフジフィルムブランド)のST801は「はしちゃん」が中学校の頃親にごねて大阪の鶴橋か難波あたりの中古屋さんで買ってもらったような覚えがあります。

なんと、2000分の1秒という高速シャッターを持っていたのが自慢のカメラでした。本当にしっかり2000分の1秒が出ているのか今もちょっと自信ないですが。。(そのころ最高のNikonのF2でも2000分の1秒の精度は芳しくなかったという写真雑誌の記事をよく読んだような・・・)

カメラのマウントはM42(プラクチカスクリューマウント:PSマウント)というスクリューマウントで、レンズをセットするのにクルクルレンズを回転させていました。このころは、レンズ交換しようにも交換するためのレンズももっていなかったのでスクリューマウントであることで困ったことは無かったです。

標準レンズ一本でずーっとがんばっていたあの頃がとても懐かしくなります。

ファインダの開放測光で、父親のCanonのFTに比べてもとっても明るくて、赤色のLEDも暗い場所でも露出の具合がはっきり見えて使いやすかったです。でも、蛍光灯にレンズを向けると、全部LEDランプが点灯するような角度があったりして、よく露出計で遊んでいました。

まだ、その頃は、TOPCONがカメラを作っていて、突然、カメラから撤退するという報道が流れたのにびっくりした記憶があります。

ミノルタのX-700を自分で買ってからも、たまに使っていて、標準レンズの55mmのF1.8のレンズはとっても使いやすくてモノクロームフィルムでのコントラストも綺麗だったです。

本当は、M42のマウントのすごい特徴である、色々なメーカ(アサヒペンタックスやトプコンやドイツのメーカたち)のレンズを使いこなして初めてST801のよさが出たのかもしれませんね。でも、今も付いているのは55mmの標準レンズなのであった。

今もっているST801は、中学校の頃使っていたのではなく、オークションで再度程度のいいのを落としたものです。買ってもらったST801が実家にあったはずなのだけど、自分の部屋が無くなってから見てないない・・・東京に出てきて、実家が引越しして、昔すんでいたお家が他の人が住んでいて、自分の部屋がなくなってしまうのって、心に「ぐっ」ときますよね。

ふと、また、そのうちどっかから見つかるとうれしいかも。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です