「やまとりかぶと(山鳥兜)」


「ヤマトリカブト(山鳥兜)」は、猛毒のアルカロイドを含む根っこを持つことで有名ですよね。横溝正史さんの「悪魔の手毬歌」とか内田康夫さんの「天河伝説殺人事件」など出典は限りなくありそうです。

でも、もともと、昔、狩猟用の矢に塗って狩りをしていたらしいのでそれほど珍しい草花ではないようです。赤塚溜池公園でも暗い場所で咲いています。前から思っていたのですが、毒を使って狩りをした場合、捕まえた動物食べても大丈夫なんだろうか・・・と、調べると動物の体の中に入ったアルカロイドは化学反応で無害化してしまうようですね。昔の人たちは経験上しっていたのでしょうか。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です