赤塚山慶学院乗連寺

DSC_0780
「あかつかやま」ではなく「せきちょうざん」なんです。
DSC_0782
大鉢の蓮の季節ももう終わりに近づいてきました。。
DSC_0797

乗蓮寺

 御本尊は阿弥陀如来。浄土宗で赤塚山慶学院と称しています。応永年間(1394~1428)に了賢無的が山中村(現仲町)で人々に教化したことに始まり、後に板橋の中宿(現仲宿)に移転したと伝えられます。天正十九年(1591)に徳川家康から十石の朱印地を与えられて以来、代々の将軍から朱印状を与えられました。また寛保三年(1743)に将軍吉宗が鷹狩りの際に雨宿りしたのが縁になり、それ以降将軍家の鷹狩りの小休所や御膳所となりました。高速道路の建設にともなう国道十七号線の拡幅工事により、昭和四十六年から七年の歳月をかけて現在の地に移転しましたが、その際に天災戦災等の無縁仏の供養や恒久平和を祈願して青銅製の東京大仏が建立されました。境内には、板橋の領主板橋信濃守忠康の墓や天保飢饉供養塔、藤堂家ゆかりの石像があります。
 平成十三年三月 板橋区教育委員会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です