赤塚植物園の石垣で日向ぼっこ中の「にほんかなへび:日本金蛇」

DSC_5829

DSC_5818

赤塚植物園の石垣で日向ぼっこ中の「ニホンカナヘビ:日本金蛇:Takydromus tachydromoides」です。

苔がベッド代わりですね。。。

結構、カナヘビさんのかわいい瞳がはしちゃん気に入っています。

Nikon D70s
Nikon Micro NIKKOR 105mm 1:2.8
Nikon Teleconverter TC-200

はしちゃんの写真機材:FUJICA ST801

フジカ(現在のフジフィルムブランド)のST801は「はしちゃん」が中学校の頃親にごねて大阪の鶴橋か難波あたりの中古屋さんで買ってもらったような覚えがあります。

なんと、2000分の1秒という高速シャッターを持っていたのが自慢のカメラでした。本当にしっかり2000分の1秒が出ているのか今もちょっと自信ないですが。。(そのころ最高のNikonのF2でも2000分の1秒の精度は芳しくなかったという写真雑誌の記事をよく読んだような・・・)

カメラのマウントはM42(プラクチカスクリューマウント:PSマウント)というスクリューマウントで、レンズをセットするのにクルクルレンズを回転させていました。このころは、レンズ交換しようにも交換するためのレンズももっていなかったのでスクリューマウントであることで困ったことは無かったです。

標準レンズ一本でずーっとがんばっていたあの頃がとても懐かしくなります。

ファインダの開放測光で、父親のCanonのFTに比べてもとっても明るくて、赤色のLEDも暗い場所でも露出の具合がはっきり見えて使いやすかったです。でも、蛍光灯にレンズを向けると、全部LEDランプが点灯するような角度があったりして、よく露出計で遊んでいました。

まだ、その頃は、TOPCONがカメラを作っていて、突然、カメラから撤退するという報道が流れたのにびっくりした記憶があります。

ミノルタのX-700を自分で買ってからも、たまに使っていて、標準レンズの55mmのF1.8のレンズはとっても使いやすくてモノクロームフィルムでのコントラストも綺麗だったです。

本当は、M42のマウントのすごい特徴である、色々なメーカ(アサヒペンタックスやトプコンやドイツのメーカたち)のレンズを使いこなして初めてST801のよさが出たのかもしれませんね。でも、今も付いているのは55mmの標準レンズなのであった。

今もっているST801は、中学校の頃使っていたのではなく、オークションで再度程度のいいのを落としたものです。買ってもらったST801が実家にあったはずなのだけど、自分の部屋が無くなってから見てないない・・・東京に出てきて、実家が引越しして、昔すんでいたお家が他の人が住んでいて、自分の部屋がなくなってしまうのって、心に「ぐっ」ときますよね。

ふと、また、そのうちどっかから見つかるとうれしいかも。。

はしちゃんの写真機材:OLYMPUS C-750 UltraZoom CAMEDIA


オリンパスのC-750ウルトラズーム カメディアは、このブログの前に書き出したお家で飼っているペルシャネコのブログ「しろなみ」をはじめるときに買ったデジカメで、近くのハードオフという中古屋サンで1万円台で買った覚えがあります。

このデジカメのいいところは、マクロ設定時での描画性能がびっくりするほどクリアで綺麗(美しい)です。画素数は4メガピクセルと今のデジカメでは少ないほうですが、もう一台、最近買ったフジフィルムの6メガピクセルの解像度のFinePix S5200のマクロよりすっごくいい感じです。

ちょっと弱い所がピント合わせが被写体が暗くなるとまったく当たらなくなることと、シャッター押してからシャッター切れるまで秒単位の応答速度しかなくて鳥さんの撮影にはまったく向かないです。

でも、マクロ撮影用だけでも買った甲斐があった感じがするカメラです。これで今年は一杯美しい蝶を撮りました。。。

この状態は、ステップアップリングのアダプタ:CLA-4(45.6mm->55mm)にテレコンバージョンレンズ:TCON-17をつけた雄姿です。。

基本が、35mmフィルム換算だと38mm~380mm/F2.8~3.7(本当の焦点距離は、6.3mm-63mm)ですから、

380mmx1.7倍=646mm

ということで600mmを超える望遠レンズになってかつ通常の一眼レフのテレコンのようにF値が暗くならないすごいシステムになります。

ただ、ちょっと周辺部で色ずれがでてしまう傾向がありますね。。

海外のebay(イーベイ)のオークションサイトではたまに、このC-7XXシリーズ用にマクロアダプタやワイドコンバータなんて恐ろしげなものも売られていたりします。

はしちゃんの写真機材:Minolta X-700

Minolta X-700は、はしちゃんが高専学生だったころ買ったカメラです。

それまでは、父親に買ってもらったFujicaのST801というスクリューマウントのカメラを使っていました。

写真部では、A-1や、OM-10、XD、FEといったカメラが使われていてマニュアル機は自分だけだったので、そのころ流行のプログラムAEのX-700を買いました。

モータドライブもつけていたのですが、買ってから20年以上たって、TAMRONの75-250mmズームとストロボと合わせて、いつの間にかなくしてしまったようです。

結局、残ったのは、標準の50mmF1.8と超広角のシグマの17mm。でも、17mmは、レンズが曇ってしまっていて、ちょっとさびしい感じです。

X-700は、ファインダーがとても明るくて、プログラムの位置に設定して、露出を気にせず、パシャパシャ気持ちよく使っていた思いがあります。(シャッタースピードが高速側に偏った設定なのでぶれた写真が少なかった・・・)

ピピピピという時代を感じさせる電子音も今鳴らしてみると、かわいい音に聞こえます。

写真部していた4年間、ネオパン400やSSの長巻(長尺)のフィルムを買い込んで、ダークバッグでオートローダにセットし、一度使ったパトローネに巻き込み(無理やり巻き込むと一本で41から43枚くらい撮影できた。まあ、もともと、35mmを設計したライカでは40枚撮りで設計したらしい・・)、このカメラでは3年間で200本ぐらい撮影しています。

この後、ミノルタは、αシリーズになって自動焦点で一気にシェアを伸ばした頃があったようですが、その頃、はしちゃんは、もうすでに写真を撮るのをやめて仕事を一生懸命覚えていたのであった。

で、ふと気づくとミノルタはコニカミノルタになっていて、つい最近、カメラはSONYになってしまいました。

はしちゃんの青春の思い出でその頃ハイカラなX700も、たまに空撮りで動かすだけで、隠居生活です。。でも、来月ははしちゃんの誕生日なので、記念してX700も使ってあげようかなあ~

はしちゃんの写真機材:Nikomat FTn


Nikomat FTnは、Nikon F2に比べるととてもシンプルな感じがするカメラです。昭和42年発表だから、発表時は、はしちゃんは、2歳です。

たぶん、これが発表されたときは、ぼくの父親が広告の載った新聞とにらめっこしていたでしょう。(昔の日本人は、海外旅行には、みんな、一眼レフを胸に下げていたといわれるくらいカメラ好きだったみたいですから・・・)

シャッタースピードがレンズマウントに一緒にあるので、オリンパスのOMシリーズに比較的似た印象があります。FTnもF2フォトミックと同じで、AI(Automatic Maximum Aperture Indexing (開放 F 値自動補正))方式ではなくて半自動開放 F 値設定機構、通称「ガチャガチャ」と絞りリングのカニ爪にレバーを引っ掛けて開放測光を実現しています。

シャッターが縦走りというところがFM2の4000分の1秒を実現した基盤になっているのかも・・・

このFTnは、マイクロマット(J スクリーン)で、巻き上げレバーはプラスチックの指当てのない、F2発表前のタイプです。

これのあと、スプリットマットのAタイプスクリーンが流行っていったみたいです。

一番良いところは、絞込みボタンが多くのカメラはレンズマウントの脇など使いづらい場所にあるのに比べて、シャッターボタンの近くにあって押しやすいです。

軍艦部が、とってもシンプル(ファインダの右側には、シャッタと絞込みの二つのボタン、あとは、巻き上げレバーと撮影枚数表示。ついでに、ファインダの左側はまき戻しレバーのみ・あれ~とおもうでしょ。実はフィルムのASA/ISO感度もシャッタースピードと同じくレンズマウント部にあったりします。)なのがさびしいくらいです。

フィルム交換のための裏カバーを開けるには、X接点などがある後ろから見て左側、その下のスライドを下にずらす感じです。(ついつい、他のカメラのように巻き戻しレバーを上に引っ張りあげて・・あれ~開かな~い!ってしてしまいます。)

ちなみに、ついているレンズはNIKKOR-S・C Auto 50mm F1.4 です。

NIKKORのAutoシリーズのレンズは、レンズキャップやフードなど、本当に手間をかけて造った感じがします。

Nikonのニコマートのシリーズでは、次に電池交換をミラーアップして行うNikomat ELを発表して、Auto(カニ爪)タイプのレンズで絞り優先AEを実現しています。この電池交換は何度やってもドキドキします。

そのうち紹介しますね。